スケジュールを公開して共有すること

社内のイントラを使用して、各社員が自分のスケジュールを登録して、それを公開することによりその社員の動きを把握することができます。自分にかかわる業務に携わっている社員のスケジュールを確認することにより、その動きを共有することで、自分もスケジュールを組み立てることができて便利になります。

また各課がどのような動きをしているのかも把握できて、課を超えて情報を共有したり目標達成のための動きができやすい環境になります。



また課としてのスケジュールも入力することで、各課からの依頼物提出の締切日等も登録することで、各社員が締切日を意識した行動が期待できます。

また中には仕事以外のことでも、例えば忘新年会、歓送迎会をおこなうにあたり、スケジュールを確認することで全員が参加できるにはいつに設定した方がいいのかも確認することができます。

今話題のYoutubeに興味ある方、必見です。

そのため多くの社員がそれを見て行動することが多いために、ここに登録された情報は共有されていることを念頭に、タイムリーに正確に記載しておく必要があります。
せっかく登録したのにその内容が間違っていたりした場合には、それに基づいた予定は全て変更しなければならなかったりと支障が発生する可能性があります。



公開することで行動がしやすくなる反面、公開する情報はより正しいものが求められます。

そのために情報を共有する場合にはその情報の扱いには全社員が気をつけることが大切で、更新等もまめにおこなう必要があります。



Copyright (C) 2015 スケジュールを公開して共有すること All Rights Reserved.